日光の社寺|日本が誇る世界遺産(文化遺産)

仏教と神道が融合した独自の信仰を育くんできた日光。明治の頃から日光は輪王寺(りんのうじ)・東照宮・二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の三カ所が参詣所とされ、それぞれの境内は、いつも賑わっています。しかし、それ以前は「日光山」としてひとつに包括された関東の一大霊山だったのです。

明治4年(1,868年)の神仏分離令以降、日光山内の仏教建築物を総称して輪王寺(りんのうじ)と呼び、東照宮以外の日光山内に点在する神道建物を総称して二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)と呼んでいます。

これら日光の社寺は、

●日光に残る建造物は、天才的芸術家による人類の創造的才能を表す傑作であること
左甚五郎は伝承の人と言われていますが、日本画の狩野探幽や大工棟梁の甲良豊後守宗広(こうらぶんごのかみむねひろ)などは、江戸時代を代表する天才的芸術家でした。

●人類の歴史の重要な段階を物語る建築様式、あるいは景観に関する優れた見本であること
東照宮の本社と大猷院霊廟は本殿と拝殿、それをつなぐ石(相)の間という3つの建築が一つになった「権現造り」という様式ですが、その後の日本古来の建築様式の重要な見本となっています。また、全体としての建造物群は、周辺の杉の大木と一体となって見事に配置されており、日本を代表する宗教的建築群と言えます。

●日光における古来の神道思想に基づく信仰形態は、自然と一体となった宗教空間を創り上げ、今なお受け継がれていること
日光では神道や仏教をはじめとする宗教行事が盛んに行われ、市民の生活や精神の中に文化として生きつづけています。「日光の社寺」は、徳川将軍家の祖、家康が眠る墓所として、代々の将軍の社参や朝廷からの例幣使の派遣、朝鮮通信使の参詣などが行われ、江戸時代の政治体制を支える重要な歴史的役割を果たした場所でした。


・華厳の滝

これらをとりまく自然環境は、山や森を神格化しようとした日本独特の神道思想と密接に関係するもので、日本独特の文化的景観を示しています。

などが評価され、1,999年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

構成資産は、2社1寺に属する103棟の建築物群と周辺の景観遺跡。

1. 二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)
2. 東照宮(とうしょうぐう)
3. 輪王寺(りんのうじ)
4. 3つの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」

登録地域の面積は、構成資産 51ヘクタール、それを保護する緩衝地帯373ヘクタールに及びます。

1. 二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)

江戸時代に東照宮が造営されるまでは、日光信仰の中心寺で、元和5年(1,619年)に現在の場所に移されました。

御祭神は二荒山大神 (ふたらやまのおおかみ)で、親子3神が祀られています。

 ・大己貴命   (おおなむちのみこと)     父
 ・田心姫命   (たごりひめのみこと)     母
 ・味耜高彦根命 (あじすきたかひこねのみこと) 子

古くより、霊峰二荒山(ふたらさん・男体山 標高2,486㍍)を神の鎮まり給う御山として尊崇したことから、御山を御神体山と仰ぐ神社で、日光の氏神様でもあります。主祭神が祀られる大黒殿は近年、縁結び・開運の神様として注目を集めています。二荒山神社の境内(御神域)は広大で、日光国立公園の中枢をなす日光連山をはじめとして、華厳の滝やいろは坂を含む3,400ヘクタールにおよびます。

所在地:〒321-1431 栃木県日光市山内2307
HP:http://www.futarasan.jp/


・二荒山神社本社境内の地図


・神門 は1982年に男体山登頂に記念事業として造営された【出典】http://my-nikko.com/


・夫婦杉【出典】http://my-nikko.com/


・親子杉【出典】http://my-nikko.com/


・本社 拝殿(国の重要文化財)


・本殿【出典】https://日光東照宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/


・日枝神社【出典】http://www.futarasan.jp/


・神輿舎【出典】https://日光東照宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/


・大国殿【出典】http://www.futarasan.jp/


・朋友神社【出典】https://日光東照宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/


・弁財天【出典】https://empath.jp/futarsanjinjia/ 


・銭洗所【出典】https://日光東照宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/


・霊泉【出典】https://rurubu.jp/


・滝尾神社【出典】http://www.nikko-kankou.org/


・縁結びの笹【出典】https://日光東照宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/

2. 東照宮(とうしょうぐう)


・陽明門

東照宮は、徳川幕府初代将軍である徳川家康を御祭神として祀る神社で、現在の主要な社殿は、寛永13年(1,636年)の21年神忌に向けて、三代将軍徳川家光公により寛永の大造替が始められ、荘厳な社殿への大規模改築が行われました。総奉行(日光造営奉行)は秋元泰朝、普請は、江戸はもとより京・大阪からも集められた宮大工たちが、作事方大棟梁・甲良宗広一門の指揮の下で務め、わずか1年5ヶ月の工期で完成しました。

境内は自然の地形を生かした参道や階段を用い、バランス良く配置された社殿群により荘厳な宗教的空間が創り出されています。日光東照宮の建物には、多様な動物の木彫像が見られますが、これらの動物のほとんどは平和を象徴しています。

眠り猫は踏ん張っていることから、実は家康公を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているとも言われていますが、もう一つの見方として、裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているのです。

「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻、左甚五郎の作とされる「眠り猫」の彫刻、狩野探幽が想像で描いた象の彫刻」をはじめ、本殿・石の間・拝殿、陽明門など8棟が国宝に、34棟が重要文化財に指定されています。

所在地:〒321-1431 栃木県日光市山内2301
HP:http://www.toshogu.jp/


・日光東照宮の境内図


・石鳥居(重要文化財)【出典】https://washimo-web.jp/


・五重塔(重要文化財)【出典】https://washimo-web.jp/


・表門【出典】https://www.totitabi.com/


・上神庫(例祭等に使用する道具が収められている)


・中神庫


・下神庫


・鐘楼


・鼓楼


・本地堂(薬師堂)【出典】http://www.jguide.net/


・陽明門【出典】Photo by (c)Tomo.Yun


・神輿舎【出典】https://www.totitabi.com/


・神楽殿【出典】https://www.totitabi.com/


・祈祷殿【出典】http://my-nikko.com/


・唐門


【出典】https://日光東照宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/


・坂下門


・眠り猫


・奥社唐門


・奥社宝塔


・武徳殿【出典】http://hazukimap.sakura.ne.jp/


・日光東照宮宝物館【出典】http://www.mhs.co.jp/

3. 輪王寺(りんのうじ)


・三仏堂

輪王寺(りんのうじ)は日光山中にある寺院群の総称で、堂塔は広範囲に散在しています。境内地は大きく分けて、地図中央の「山内」(さんない=標高 約630メートル)と、地図左の「いろは坂」を登った「奥日光」(標高 約1,300メートル)の2ヶ所となります。

本堂(三仏堂)・大猷院・慈眼堂・常行堂・中禅寺・大護摩堂・四本龍寺等のお堂や本坊、さらに十五の支院を統合して出来ており、その全体を指して輪王寺と総称します。

明治の頃から日光は輪王寺・東照宮・二荒山神社の三カ所が参詣所とされ、それぞれの境内は、いつも賑わっています。しかし、それ以前は「日光山」としてひとつに包括された関東の一大霊山だったのです。

奈良時代の末、勝道上人によって日光山は開かれ、鎌倉時代には将軍家の帰依著しく、鎌倉将軍の護持僧として仕える僧侶が輩出します。神仏習合が進展し、室町時代には、所領十八万石、500におよぶ僧坊が建ち並び、その隆盛を極めます。江戸時代、天海大僧正(慈眼大師/じげんだいし)が住職となり、山王一実神道(天台宗)の教えで「家康公」を東照大権現として日光山に迎え祀ります。

「輪王寺(りんのうじ)」の称号が天皇家から勅許され、さらに慈眼大師(天海大僧正)・三代将軍「家光」公が新たに祀られ、「日光門主」と呼ばれる輪王寺宮法親王(皇族出身の僧侶)が住し、宗門を管領することになりました。明治時代、政府の神仏分離によって、無理やり現在の二社一寺に分けられました。大猷院霊廟本殿・相の間・拝殿が国宝に、その他の37棟が重要文化財に指定されています。

所在地:〒321-1494 栃木県日光市山内2300
HP:http://rinnoji.or.jp/


・神橋(二荒山神社所属)


・勝道上人像


・三仏堂【出典】http://www.nikko-kankou.org/


・相輪塔【出典】http://www.geocities.jp/kawai5510/


・護法天堂【出典】https://www.totitabi.com/


・常行堂【出典】https://g0syuin-cyou.blog.so-net.ne.jp/


・慈眼堂


・大猷院霊廟(たいゆういんれいびょう)【出典】https://g0syuin-cyou.blog.so-net.ne.jp/


・仁王門【出典】https://g0syuin-cyou.blog.so-net.ne.jp/


・夜叉門【出典】http://rinnoji.or.jp/


・本殿(金閣殿)


・皇嘉門【出典】http://rinnoji.or.jp/


・奥院宝塔【出典】http://rinnoji.or.jp/


・宝物殿【出典】http://tochihaku.com/


・紫雲閣【出典】http://rinnoji.or.jp/


・逍遥園【出典】http://rinnoji.or.jp/


・中禅寺山門


・中禅寺五大堂


・立木観音堂


・温泉寺(おんせんじ)【出典】http://rinnoji.or.jp/

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る