1,901年から始まり2,017年に至るノーベル賞の歴史の中で、日本は非欧米諸国の中で最も多い26名の受賞者を輩出しており、このうち3名が受賞時点で外国籍を取得していました。21世紀に入ってからでは、自然科学部門の国別で日本は米国に続く世界第2位のノーベル賞受賞者数となっています。

■ノーベル物理学賞

1. 湯川秀樹【京都帝国大学理学部卒、理学博士(大阪帝国大学)】

・受賞年  1,949年
・受賞理由 中間子の存在の予想

2. 朝永振一郎【京都帝国大学理学部卒、理学博士(東京帝国大学)】

・受賞年  1,965年
・受賞理由 量子電気力学分野での基礎的研究中間子の存在の予想

3. 江崎玲於奈【東京帝国大学理学部卒、理学博士(東京大学)】

・受賞年  1,973年
・受賞理由 半導体におけるトンネル効果の実験的発見

4. 小柴昌俊【東京大学理学部卒、ロチェスター大学大学博士課程修了 (Ph.D.)、理学博士(東京大学)】

・受賞年  2,002年
・受賞理由 天体物理学、特に宇宙ニュートリノの検出に対するパイオニア的貢献

5. 小林誠【名古屋大学理学部卒、理学博士(名古屋大学)】

・受賞年  2,008年
・受賞理由 小林・益川理論とCP対称性の破れの起源の発見による素粒子物理学への貢献

6. 益川敏英【名古屋大学理学部卒、理学博士(名古屋大学)】

・受賞年  2,008年
・受賞理由 小林・益川理論とCP対称性の破れの起源の発見による素粒子物理学への貢献

7. 赤崎勇【京都大学理学部卒、工学博士(名古屋大学)】

・受賞年  2,014年 
・受賞理由 高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明

8. 天野浩【名古屋大学理学部卒、工学博士(名古屋大学)】

・受賞年  2,014年 
・受賞理由 高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明 

9. 梶田隆章【埼玉大学理学部卒、理学博士(東京大学)】

・受賞年  2,015年 
・受賞理由 ニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見[15]

■ノーベル化学賞

1. 福井謙一【京都帝国大学工学部卒、工学博士(京都大学)】

・受賞年  1,981年
・授賞理由 化学反応過程の理論的研究 

2. 白川英樹【東京工業大学理工学部卒、工学博士(東京工業大学)】

・受賞年  2,000年
・授賞理由 導電性高分子の発見と発展

3. 野依良治【京都大学工学部卒、工学博士(京都大学)】

・受賞年  2,001年
・授賞理由 キラル触媒による不斉反応の研究

4. 田中耕一【東北大学工学部卒、工学士(東北大学)、東北大学名誉博士】

・受賞年  2,002年
・授賞理由 生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発

5. 下村脩【旧制長崎医科大学附属薬学専門部卒、理学博士(名古屋大学)】

・受賞年  2,008年
・授賞理由 緑色蛍光タンパク質 (GFP) の発見と生命科学への貢献

6. 根岸英一【東京大学工学部卒、ペンシルベニア大学博士課程修了 (Ph.D.)】

・受賞年  2,010年
・授賞理由 クロスカップリングの開発

7. 鈴木章【北海道大学理学部卒、理学博士(北海道大学)】

・受賞年  2,010年
・授賞理由 クロスカップリングの開発

■生理学・医学賞

1. 利根川進【京都大学理学部卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了 (Ph.D.)】

・受賞年  1,987年
・授賞理由 多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明

2. 山中伸弥【神戸大学医学部卒、大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了、博士(医学)(大阪市立大学)】

・受賞年  2,012年
・授賞理由 様々な細胞に成長できる能力を持つiPS細胞の作製

3. 大村智【山梨大学学芸学部卒、東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了、薬学博士(東京大学)、理学博士(東京理科大学)】

・受賞年  2,015年
・授賞理由 線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見

4. 大隅良典【東京大学教養学部卒、東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学、理学博士(東京大学)】

・受賞年  2,016年
・授賞理由 オートファジーの仕組みの解明

■ノーベル文学賞

1. 川端康成【東京帝国大学文学部国文科卒、文学士(東京帝国大学)】

・受賞年  1,968年
・授賞理由 『伊豆の踊子』『雪国』など、日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現による叙述の卓越さに対して

2. 大江健三郎【東京大学文学部仏文科卒、文学士(東京大学)】

・受賞年  1,994年
・授賞理由 『個人的な体験』『万延元年のフットボール』など、詩的な言語を用いて現実と神話の混交する世界を創造し、窮地にある現代人の姿を、見る者を当惑させるような絵図に描いた功績に対して

■ノーベル平和賞

1. 佐藤栄作【東京帝国大学法学部卒、法学士(東京帝国大学)】

・受賞年  1,974年
・授賞理由 非核三原則の提唱

■ノーベル物理学賞(日本出身で外国籍の受賞者)

1. 南部陽一郎【東京帝国大学理学部卒、理学博士(東京大学)、米国籍】

・受賞年  2,008年
・授賞理由 素粒子物理学における自発的対称性の破れの発見

2. 中村修二【徳島大学工学部卒、博士(工学)(徳島大学)、米国籍】

・受賞年  2,014年
・授賞理由 高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明

■ノーベル文学賞(日本出身で外国籍の受賞者)

1. カズオ・イシグロ【ケント大学卒、M.A.(イースト・アングリア大学)、英国籍】

・受賞年  2,017年
・授賞理由 感情に強く訴える小説群により、世界とつながっているという我々の幻想に潜む深淵を明るみに出したことに対して

【出典】Wikipedia

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る