日本人の大和魂を骨抜きにする洗脳工作|神道指令とは?

アメリカ本国がマッカーサー元帥に指令したことは、「日本が未来永劫、アメリカなどの白人国家、そして戦勝国となった中国や韓国に刃向かってこないよう、日本人の精神を徹底して破壊し、永続的な支配体制を確立する」である。

そのために導入されたのが“ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム”という日本人の洗脳プログラムが”教科書書き換えによる歴史の改ざん”、”神道指令(日本民族が高い精神性を保っていた根源である神道を衰退させ、日本人の大和魂を骨抜きにする)”が実行されました。

「神道指令」について、「米国が恐れた日本・・神道指令」と「神道指令(1945年12月)」より引用しました。

1. 米国が恐れた日本・・神道指令

■神道指令とは?要約すると
昭和20年12月15日、GHQは「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督ニ弘布ノ関スル件」という指令、(神道指令と呼ばれる)を日本政府に発令しました。

その主旨は、国家と宗教の分離、すなわち政教分離を実現することにあり、神道指令はその目的を実現するために、神道に対する公の機関からの援助の禁止、神道や神社に対する公の財源による援助の停止、神祇院の廃止、神道の研究や神官の養成などを目的とする公の教育機関の廃止、公の教育機関で使われる教科書からの神道教義の削除、「國體の本義」などの領布の禁止などを具体的に命じた内容のものです。

大東亜戦争は戦場が日本本土に近くなるほど、熾烈さを増し、米軍は多大な犠牲を強いられました。対ドイツ戦とは対照的だったのです。占領下にあるにも関わらず、GHQは日本人の精神的強さ、復讐戦を恐れ、神道を衰退させ、日本人の大和魂を骨抜きにするという方法をとったのです。

なぜこんなことをしたかといえば、アメリカが日本人の精神的強さが「国家神道」にあると見たからです。

「神道指令」は、神道の禁止だけを目的としたものではない。日本及び日本人に命じた事柄は3つあった。それは神道に加え、皇室の伝統、そして歴史教育を全面否定することであり、このため、今日でも占領軍を「解放軍」とした反日マスコミや政治家は、「神道」「皇室」「歴史教育」の問題となると、常軌を逸した批判をします。

歴史は民族の誇りです。

神道指令の中で特に戦後日本人に重大な影響を及ぼしたのが、歴史教育の全面否定だった。そんな命令を出したアメリカの学校では今でも歴史の授業を大変に重んじており、週に5~6時間も教え、教科書もものすごく分厚い。自分たちの歴史は大切にしながら、日本の歴史は大きく否定し、自分たちが作り直した「極東軍事裁判史観」を日本人に教え込まないかぎり、日本は再び国力を回復し、アメリカの脅威となると見たのです。


東京裁判(極東軍事裁判)は戦勝国による復讐裁判、茶番劇、リンチ


アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

今日本の学校で習っている「歴史」は「社会科」という科目の一部に過ぎない。戦前では外国と同じく算数や国語と並んで「歴史」という独立した教科があった。ところが「神道指令」以降は歴史は社会科の中で教えなさい、ということになった。

そして、念入りに神道指令の精神は後に米国製の日本国憲法の政教分離条項に引き継がれ、首相の靖国参拝問題、地方首長の招魂神社への玉串料違憲訴訟といった、国際社会では稀に見る異常な事態へと連なっていきます。

【出典】米国が恐れた日本・・神道指令

2. 神道指令(1945年12月)

昭和20年(1945)12月15日、GHQは日本政府に国家神道、神社神道に対する政府の保証、支援、保全、監督、及び弘布の廃止を命じた。これが神道指令である。

たとえば、明治の初めからずっとやってきたことなのに、日本政府が神道の神社にお金を出すことは駄目とか、公務員や政治家が神社に参拝するのは駄目(寺や教会はいい)、といったことがこと細かく書かれている。

「神道指令」は、神道の禁止だけを目的としたものではない。日本及び日本人に命じた事柄は3つあった。それは神道に加え、皇室の伝統、そして歴史教育を全面否定することだった。このため、今日でも占領軍を「解放軍」とした反日マスコミや政治家は、「神道」「皇室」「歴史教育」の問題となると、常軌を逸した批判をする。

また、神道は軍国主義・国家主義の宣伝に利用されたということで、GHQは教科書を検閲し、神道用語等を削除するよう指示している。「大東亜戦争」「八紘一宇」などの語句も軍国主義・国家神道を連想させるとして禁止された。これを忠実に守る出版社の教科書は現在でも日本神話を削除したままである。焚書まで行った。

なぜこんなことをしたかといえば、アメリカが日本人の精神的強さが「国家神道」にあると見たからである。「神道指令」を起草したGHQの宗教課長は、「国家神道」を軍国主義的、超国家主義的思想そのものと考えていたのだ。

この考えはGHQの誤解の産物だった。そもそも「国家神道」という言葉は日本ではほとんど用いられていなかった。終戦後のState Shintoが翻訳されてから一般化したのだ。また、GHQは「国家神道」を、ヒトラーのドイツを支配したナチズムと同一視しようとしていた。

神道指令の精神は後に日本国憲法の政教分離条項に引き継がれ、首相の靖国参拝問題、地方首長の招魂神社への玉串料違憲訴訟といった、国際社会では稀に見る異常な紛争へとつながっていく。

また、神道指令をさらに徹底させるため、占領軍は翌昭和21年元旦に昭和天皇に迫って、いわゆる「人間宣言」を出させた。

神道指令の中で特に戦後日本人に重大な影響を及ぼしたのが、歴史教育の全面否定だった。要するに「学校で歴史は教えるな」ということ。そんな命令を出したアメリカの学校では今でも歴史の授業を大変に重んじており、週に5~6時間も教えている。教科書もものすごく分厚い。自分たちの歴史は大切にしながら、日本の歴史は大きく否定し、自分たちが作り直した「東京裁判史観」を日本人に教え込まないかぎり、日本は再び国力を回復し、アメリカの脅威となると見たのだ。


東京裁判(極東軍事裁判)は戦勝国による復讐裁判、茶番劇、リンチ


アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

今日本の学校で習っている「歴史」は「社会科」という科目の一部に過ぎない。戦前では外国と同じく算数や国語と並んで「歴史」という独立した教科があった。ところが「神道指令」以降は歴史は社会科の中で教えなさい、ということになった。社会科という科目は戦後昭和22年に新設された科目で、その目的は社会にとって「よき市民」を育てることだ。

「国民」ではなく「市民」である。「よき市民」とは、占領軍にとって、アメリカにとっての「よき市民」。つまり、アメリカ流の民主主義や個人主義といった戦後イデオロギーを、日本の子供たちに徹底的に注入するものとして誕生した教科、それが「社会科」なのだ。それは独立した「歴史」という教科を廃止させることによって、占領軍が植えつけた戦後イデオロギーの枠内で許されるもののみを「歴史」と称して教えることを意味した。これが今に至るも続いている。

要するに、神道指令とは一種の「神道弾圧政策」だった。マッカーサーとアメリカにはウエストファリア条約の精神が浸透していなかった。

【出典】神道指令(1945年12月)    

■焚書
昭和20年12月31日、GHQは日本政府に以下の指令を発した。

「修身、国史、地理科教科書及び教師用参考書を全部回収すべし。是等教科書を製紙の為に中央パルプ工場に輸送する」

そして、翌21年3月には日本を讃えるような内容と考えられた書物7769点(7769冊ではない!)を接収して図書館や本屋からひそかに抹殺させた。GHQは秦の始皇帝が行った「焚書坑儒」と同じようなことを実行したのだ。「日本の主張」を記した戦前の著書が抹殺されたわけだ。

こうした措置に抗議した和歌が雑誌に投稿されたが、検閲によって削除され、掲載は許されなかった。

【出典】焚書    

■ウエストファリア条約とは?
ウェストファリア条約、1,648年に締結された、近代における国際法発展の端緒となり、近代国際法の元祖ともいうべき条約です。

この条約の非常に重要な方針は、その国の君主の宗教は国民の宗教であって、お互いに他国の宗教には口を出さない、ということです。

北アイルランドIRAがずっとテロを行ってきてサッチャー元首相も危ない目にあいましたが、それでもサッチャーはテロを批判してもカトリックを批判しません。イラク戦争においても、ブッシュ前大統領もイラクに民主主義をつくると言って、内政干渉しましたが、イスラム教は批判しませんでしたし、「イスラム指令」なるものもださなかったのです。

また、ハーグ陸戦条約第43条にも、国の権力が事実上、占領者の手に移ったときは、占領者は、絶対的支障がないかぎり、占領地の現行法を尊重して、なるべく公共の秩序、および生活を回復確保するために施しうる一切の手段を講じなければならない。との条文が存在します。

しかし、GHQはそれを無視、違反して数々の指令を押し付けてきました。神道指令もその一つです。

【出典】ウエストファリア条約
    

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る