マスコミによる「叩き」報道を使った企業乗っ取り

マスコミによる「叩き」報道が国内の優良企業の乗っ取りに使われた例を紹介したい。10年以上前の話になるが、2,007年に相次いだ食品偽装事件報道である。

この一連の騒ぎは、2,007年の1月に不二家が賞味期限切れの牛乳を使用していたことをマスコミが大々的に報道したことから始まった。6月には食品加工卸会社のミートホープが牛ミンチへ豚肉を混入していたとの報道。8月には北海道土産で有名な「白い恋人」の賞味期限改ざん、10月には、これもお土産として中部地方で有名な「赤福」の製造日改ざんなど、食品偽装をテーマにした事件報道が相次いだ。

マスコミが、食品業界に蔓延る巨悪を暴いた、と誰もが思ったことだろう。食品業界の不祥事は事実であるが、これ程立て続けに、大げさに報道した意図は、全く別の処にあった。では、何のために食品偽装報道が続いたのか?

それは、不祥事報道で非難の的にされた企業のその後を追ってみるとよくわかる。

不二家の場合、ロスチャイルド財閥のゴールドマン・サックス証券が、不祥事が発覚する前に同社の株が下がることを予測し、大量の空売りをかけて、不祥事報道による株価の変動で莫大な利益を上げていた。また、不二家本社のあった銀座の土地と建物は、事件報道後にロックフェラー財閥のシティ・グループの手に落ちた。

一方、不祥事報道に悪乗りして、不祥事の一部を捏造までして報道した朝の人気ニュースバラエティ番組のテレビ局は、不二家からの抗議を受けて謝罪している。

正義を履き違えた日本のマスコミが、外国資本の利益の為に世論を誘導した一例である。もちろん、不二家の食品管理体制にも問題はある。当然、その責任は負うべきであろう。

しかし、この不祥事に関して、日本のマスコミ全般に見られた表現には行き過ぎた点が多かった。これらの点は視聴者に伝えられなかったので、指摘しておきたい。

まず、不二家が商品に消費期限切れの牛乳を使用していたことに関して、食品衛生法で決められた消費期限を過ぎていたかのようなイメージで報道されていたが、実際には不二家が社内で決めた消費期限を超過していたのであり、これは法定の消費期限よりも三日ほど短いものだった。

また、商品から大腸菌群が検出されたことに関して、まるで大腸菌が検出されたように報道されていたが、実際に検出されたのは大腸菌によく似たせいしつを持つ別の菌だった。

さらに、「洋生菓子衛生規範」の規定値を超す細菌が検出されたことで、食品衛生法を違反していたかのように報じられたが、洋菓子には同法による規定は存在せず、また「洋生菓子衛生規範」には法的拘束力がないことも付け加えておこう。

「白い恋人」の石屋製菓は、賞味期限改ざん報道の後、創業家一家が会社を明け渡すことになった。

新しい社長には、同社に7億円融資した北洋銀行の関係者が送り込まれた。また、同年初めには、数々の国際銀行家が関わる世界最大の国際金融グループが、北洋銀行を所有する証券会社の株を大量に買い付けていたことが大量保有報告書から判明している。

赤福の場合は、製造日改ざんの報道の後、社長以外の創業家一族の役員は責任を取って退任し、創業者一族と関係ないロスチャイルド系の住友銀行関係者が会長に就任している。

これらは、古くから創業者一族が経営している日本の優良企業に、国際銀行家が率いる外資系の大企業が乗っ取りをかけてきた分かりやすい例である。そのためにマスコミの大げさな報道が用意周到に利用されたのだ。

日本の優良企業にさらに外資の浸食が進行すれば、利益追求と効率化のために、原材料や生産ラインなどでコストが削減される結果、これらの食品の質が低下することは目に見えている。

【出典】マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている 5次元文庫 THINKER著

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る