少食健康法体験談|食を絶って、食を知る

血液検査では5~7ヶ所の不適格数値が出て、痛風も2度発症し、生活習慣病の予備群となった方がピポクラティック・サナトリウムで10日間の断食を行い、健康を取り戻された体験談。自分で自分の体力に驚き、人間の持っている生命力に感動し、断食が進むと意識の冴えるのを覚え、心が豊かになるのを実感した。

■食を絶って、食を知る

私の両親は、私が31歳の時、昭和47年2月にお袋、5月に親父と続いて亡くなった。その時、お袋は62歳だった。いま私は、そのお袋が亡くなった歳を超えた。その両親に、私が最も感謝しているのは、この世に”いのち”を頂いたことであり、今日まで大した病気もせず、丈夫な体に生んでくれたことだ。

その丈夫な私は、高校1年で肩を壊すまで野球に明け暮れた。野球を諦めた時、ちょっとグレた。その頃から暴飲暴食が始まり、結婚当初、20代後半には体重は95kgを越えていた。ご多分にもれず、血液検査では5~7ヶ所の不適格数値が出て、痛風も2度発症し、生活習慣病の予備群となり、若干の食事制限と運動などで、何とか73kgへと減量してきた。

50歳の頃から断食したいと思っていた私は、今回、機会に恵まれ、10日間の断食が出来た。場所は伊豆、「ピポクティック・サナトリウム」。その石原先生の講義は有意義だった。

「皆さん、毎日、毎日、3食食べて、よくも今日までご無事で生きてきました」

で始まったお話は、衝撃的であり、笑いに溢れていた。

話しは実にシンプルで、病気は、体の冷え、過食、ストレス、運動不足で起こる。だから、1日1食減らし、体を温めることを心がけ、感謝の気持ちを持つことでストレスから解放され、1日1万歩歩くことを習慣にすることで、間違いなく健康は蘇りますと、説得力のある講義だった。

断食中のスケジュールは、朝は人参ジュース3杯、10時頃に具のない味噌汁、昼に人参・リンゴジュース3杯、3時に生姜湯、夕刻に人参・リンゴジュース3杯、その他の飲み物としては生姜湯(粉黒糖を加えて飲む)とお茶が用意されていて、何杯飲んでも構わなかった。

断食中に最も驚いたのは、平常時よりも体力があることだ。朝晩の1時間から、時には2時間以上の散歩とお風呂とサウナ、そして時にはゴルフと、体をかなり動かし酷使しても、平常時より疲れないのだ。さらに、空腹感が殆んどないことにも驚いた。自分で自分の体力に驚き、人間の持っている生命力に感動した。

断食には排泄反応があるが、早速、私に出た反応は、舌に白い苔が生えた感じの舌苔の発生と、尿や体からの僅かな異臭だった。中には、嘔吐、吹出物、悪臭、目やになどの排泄を経験した方も多かったが、私には、それ以上の反応はなかった。

私はこの断食で、空腹感と食べることへの意識が変わった。つまり、空腹こそ、自然治癒力が働く大事な時間であり、生気を蘇らせているということ、食物にその命を頂きますと感謝し、美味しく頂く大切さ、そして、食事(私の場合は夕食になるが)を大事にすることを学んだ。

さらに、感動したのは、断食が進むと意識の冴えるのを覚え、心が豊かになるのを実感したことだ。体から多くのモノを排泄すると、意識や心さえも空っぽになり、消化作用に使っていたエネルギーが人間の根源的な処に働き、冴えた”エネルギーの場”が出来るのだろうか。

この断食を参考に、今、私が実践しているライフスタイルは、朝、1時間の散歩とお風呂(湯船につかることが大事)、人参・リンゴジュースと粉黒糖を入れた生姜紅茶の朝食、昼はソバなどの麺類、夜の食事は、何でも来い!もちろんお酒もドンドン来い!の1日である。

お蔭様で、体重は断食前から5kg減の68kg、さらに血液検査では通風経験者として心配な尿酸値(7.2 → 4.5mg/dL)、さらに中性脂肪(305 → 67mg/dL)も正常値となり、クエン酸系の健康食品や尿酸値をコントロールする薬からも解放され、身も心も気持ちよく生活している。

今私は、食を断って食を知り、さらに、人の”いのちの力強さ”に出会えたことに感謝している。

【出典】食べない健康法 石原結實著

石原結實先生の運営されているピポクラティック・サナトリウム
〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-4911
       TEL.0557-44-0161 FAX.0557-44-0171

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2019-2-21

    リンカーンやケネディが暗殺された理由

    リンカーンやケネディが暗殺された背景には、中央銀行を巡る戦いがあると考えられます。リンカーンもケネデ…
  2. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  3. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  4. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  5. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る