現代の日本人の労働量、運動量から考えて、いかにも「食べ過ぎる」ことにより、メタボリック・シンドロームの他、種々の病気を招来している人たちが殆んど。生活も夜型になって、朝の胃袋の中には、前日の夕食の食物がまだ残っていることも多い。だから、1日3食というのは食べ過ぎで、石原結實先生の薦める1日1~2食を実践されて、メタボや肝機能、生理痛や生理不順、喘息が改善された方は枚挙にいとまがない。

石原式「基本食」について、”食べない健康法” 石原結實著よりご紹介します。

■石原式「基本食」とは?

一般の現代日本人の肉体労働量、運動量からすると、1日3食はいかにも多過ぎる。毎日、早寝早起きし、昼間も肉体労働やスポーツで体を十分に動かしている人が、よく噛み、腹八部を条件に1日3食を摂るのは問題ないだろう。

しかし、一般のサラリーマンやOLの方々、自営業の方々は、夜遅くまで働き、それから、アルコールや食事を9時、10時まで摂り、睡眠時間も5~6時間しかとらずに、次の朝を迎え、バタバタと出勤している人が多いはずである。

そういう人たちの朝の胃袋の中には、前日の夕食の食物がまだ残っていることも多く、それ故、「食べたくない」と本能が訴えているのに、「朝、食べないと1日活動するカロリーが摂れない」「1日3食、しっかり食べないとむしろ、メタボリック・シンドロームにかかりやすい」……などというようなことを、医大や大病院の著名な医師たちがテレビや新聞・雑誌で語ったり、発表したりするものだから、無理に朝食を摂り、却って体調を悪くする人たちも少なくない。

朝から食欲のない人は、お茶や水で「水分」を補っていれば、食べる必要はない。特に、高脂血症、高血糖(糖尿病)、高尿酸血症(痛風)、高塩分血症(高血圧)、高体重(肥満)……等々、「高」のつくメタボリック・シンドロームを患っている人は、朝、食べると、そうした病気の悪化に拍車をかけることはあっても、改善することはない。

【朝は生姜紅茶か人参・リンゴジュース】
しかし、そうした病気持ちの人でも、朝から空腹を感じ食べたいと思う時は、紅茶に黒砂糖(これにすりおろした生姜を加えるとさらに良い)、リンゴジュース、人参・リンゴジュース等々で、糖分と水分を補ってあげると、十分に事足りる。


【出典】https://oceans-nadia.com/ より

何故なら、「空腹感」や「満腹感」は腹(胃腸)が「空」とか「満ちている」から起こる感覚ではなく、血糖が下がった時に、脳の視床下部の「空腹中枢」が空腹を、血糖が上がった時に、同じく「満腹中枢」が満腹を感じるからである。

だから、今述べた糖分を含む紅茶や野菜ジュースを摂ると数分後には、血糖が上昇して空腹感がなくなる。


【出典】http://syougakounou.seesaa.net/ より

「低タンパク発作」や「低脂肪発作」などは存在せず、「低血糖発作」(イライラ、不安、動悸、しびれ、失神……)しか存在しないことを考えれば、私たち人間の60兆個の細胞は十分な活動が出来ることを示している。

【昼食はソバ、ネギや七味唐辛子を存分にふって】
こうして、「朝食」に固形物を摂らずに、野菜ジュースや生姜紅茶で水分と糖分、それに、ビタミン、ミネラルを補うとすれば、昼食は「ソバ」が良い。「ソバ」は8種類の必須アミノ酸を含む優秀なタンパク質、動脈硬化を防ぐ植物性脂肪、エネルギー源の糖分、殆どのミネラル、ビタミンを含む「完全栄養食」であるからだ。これに、血管を拡張して血行を良くし、体を温めて、気力、体力を増すネギや七味唐辛子を存分にふりかけると、さらに良い。

「ソバ」に飽きたら、具沢山のうどんやピザ、パスタでも良いだろう。うどんにも同じくネギや七味唐辛子をしっかりふりかけ、ピザやパスタにもタバスコ(血行促進、体温上昇作用のあるカプサイシンを含む)をふりかけるとよい。

【夜は何でもOK】
こうして、朝食、昼食をすませると、夕食はアルコールを含めて、何を食べてもよい、というのが「朝だけ断食療法」=「石原式基本食」である。これを実行された読者から、これまで数百通に及ぶ、感謝の手紙を頂いた。曰く、

【石原式基本食を実践された方からの声】
「半年で体重が25kg、ウェストが20cm減って、血圧、コレステロール値が正常値になった」
「喘息が軽くなった」
「肝機能が改善した」
「生理痛や生理不順がよくなった」
「糖尿病がよくなった」
「血圧が下がった」

等々、枚挙にいとまがない。

「朝食を抜くと調子が悪い」とか「勤務時間の都合で、朝食を抜けない」とか、「昼食や夕食を抜いた方が、生活のリズムや体調的にもよい」などという方は、もちろん、ご本人が「一番、調子がよいと感じられる少食」健康法を実践されるとよい。

要は、日本人の現在の労働量、運動量から考えて、いかにも「食べ過ぎる」ことにより、メタボリック・シンドロームの他、種々の病気を招来している人たちが殆んどである。だから、1~2食抜きの「食べない健康法」は、ご本人が「一番、気分がよい、体調がよい」という食事の抜き方にすれば良いのである。

【出典】食べない健康法 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る