少食健康法の効用|少食は加齢病を改善する

加齢に伴い、個々の細胞やすべての臓器で変化が起こり、体が変化していきます。他人事と思えるうちはいいのですが、アルツハイマー病、パーキンソン氏病、白内障、飛蚊症、動脈硬化、糖尿病合併症、骨粗鬆症など様々な加齢病に悩まされるリスクが高くなります。

世のなかには不食あるいは不食に近い食生活で(例えば1日青汁1杯)で、普通の私たち以上に元気な毎日を送っている方々がいらっしゃいます。普通の食べ物の代わりにプラーナ(宇宙エネルギー)を体内にとり入れているとのこと。

そこまで私は目指すつもりは今の処ありませんが、目指すのは1日1食です。1日1食が身につけば、20歳は若返り、心は穏やかに閃きやシンクロニシティもよく起こるようになるようです。何にもまして、67歳に近づいた今、20歳は若返るのは超魅力だし、そんなに無理をしなくても石原結實先生の少食健康法に従ってやっていけば出来そうです。食をコントロールできれば、運命が開けてくるのです。石原結實先生の”食べない健康法”よりご紹介します。


【出典】http://www.parkinson-okusuri.net/ より

■少食は加齢病を改善する

人間の体内・細胞内では、無限の化学反応が行われており、その反応を助ける働きをしているのが、酵素である。

年齢と共に、活性が低下した酵素や、酸化されたタンパク質(異常タンパク質)が増加してくる。つまり、若い時には存在しなかった異常タンパク質が、種々の細胞内に蓄積し、アルツハイマー病(脳細胞の周辺にアミロイドという異常タンパク質の蓄積がある)や白内障などの「加齢病」を引き起こし、種々の生体機能も低下していく。

自由摂食動物に比べ、60%(腹六分)にカロリーを抑えた「少食」動物は、「脳における異常酵素は2ヶ月後に、肝臓の細胞中の異常酵素は1ヶ月後に、それぞれ若い動物のレベルになる」ことが証明されている。つまり、食事制限により、異常タンパク質の分解・除去が亢進し、タンパク質が若返り、細胞を若い頃の状態にリセットする、という訳である。

また、食事制限により、活性酸素の主な発生源とされている細胞内のミトコンドリア内での活性酸素の発生が抑えられ、酸化された異常タンパク質の生成が減少することも細胞の若返りの要因である。

米国シカゴ大学の教授であったC・M・チャイルド博士は30年以上も前に

「ある種の昆虫では、十分な食物を与えると3~4週間で生命が終わる。しかし、食物をかなり減らすか、断食を強いられた昆虫は、その活動性と若さを、少なくとも3年くらい保ち続ける」

ことを発見し、

「断食しているものは、老年期から胎生期に戻ったかのような若返りを見せる」

と述べている。

■パーキンソン氏病が大きく改善

ある時、私(石原結實先生)のクリニックを受診された70代の男性は、もう5年近くも都内の某有名私立大学の病院にパーキンソン氏病で通院し、投薬を受けておられた。しかし、よくなるどころか、手足の震え、手足の筋肉のこわばり、体の動きの硬さ、無表情というパーキンソン氏病に特有の症状が徐々に悪化してる、と仰る。

1日の食事をお尋ねすると、朝は食欲がないのに「食べないと健康に悪い」と思い、無理に、パンと牛乳を口から流し込むように摂っている、と仰る。「食欲不振は病気を治そうとする反応だから無理して食べず、人参・リンゴジュース1杯と黒砂糖入りの生姜紅茶1杯を朝食の代わりにするように」とお話しし、その他の食事療法の指導もし帰って頂いた。

1ヶ月後に再来院された時は、ビックリするほどにこやかな表情をされ、手足の動き、立ち居振舞いも随分と柔らかになっておられた。おそらく、1食抜くことで多少なりとも若返られ、加齢病であるパーキンソン氏病の症状が軽減されたのであろう。

【出典】食べない健康法 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る