少食健康法の効用|少食は免疫力を上げる

少食(1日1~2食、断食)にすると免疫力が上がることが、アカゲザルによる動物実験で確認されています。免疫力の中心的な働きをしているのは白血球ですが、血液1mL中には4,000~8,000個の白血球が存在しています。少食にすると血液がキレイになり、その分、白血球の血液中の毒素(バイ菌や老廃物)を処理する能力が高まるからだと考えられます。

以下、石原結實先生のご著書”食べない健康法”よりご紹介します。 

■少食は免疫力を上げる

米国ポートランドのオレゴン健康大学ワクチン遺伝子研究所のJ・ニコリク・ズーキック博士等は、「18年間、30%のカロリー制限を行ったアカゲザルは普通食を与えられたアカゲザルに比べて、歳をとってもT細胞のレベルが高く(免疫力が旺盛)、細胞が若く、病気になりにくい」との研究結果を発表している。

また、同博士等は、18歳から23歳のアカゲザル(ヒトでは60~70歳に相当)41匹のうち、

・28匹 … 標準食
・13匹 … 30%のカロリーカットをした食事(腹7分の低カロリー食)

を与えて、長期にわたり観察を続けた処、低カロリー食のアカゲザルでは、加齢により最も影響を受ける免疫細胞であるT細胞の機能や産生能が向上し、逆に、炎症物質の産生量が減少することを実験で確かめている。

「カロリー制限が、免疫機能の老化を遅らせ、感染症への抵抗力を維持することで、結果的に寿命を延ばす」とズーキック博士は述べている。

米国・南カリフォルニア大学の老化研究所の准教授T・E・モルガン博士は「この研究結果は、カロリー制限による有益な効果は抗炎症作用によってもたらされる、という証拠の裏付けになる」と述べ、この研究を高く評価している。

【出典】食べない健康法 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る