ガン三大標準治療でガンは根治出来ない|抗ガン剤でガンを消し去ることは不可能

■ガンの三大標準治療『手術・放射線・抗ガン剤』ではガンの根治は不可能

現代西洋医療でガンの三大標準治療とされる、『手術・放射線・抗ガン剤』による治療ではガンを根本的に治癒することは不可能です。

ガンは基本的に主として食生活に起因する生活習慣病であり、全身病だからです。したがって、根本原因である食習慣を改革することがガンの根本的治癒には不可欠ですが、対症療法を主体とする現代西洋医療のお医者さんたちの非常に多くはそのことを認識しておりません。

ガンが主として食生活に起因する生活習慣病であり、全身病であるということは、医者でない私でも少々本を読んで調べてみれば分かります。三大標準治療が健康保険の対象となっているため、医院や病院の経営上、三大標準治療の無力さを認めたくないのだと思います。それが医療費の増大に拍車を駆け、正に私たち一般市民が犠牲となってお医者さんが肥え太る構図となっています。

三大標準治療に頼って体にそんな大きな負担をかけなくても、余程の手遅れにならならなければ、ガンは根治することが出来ます。

何故、ガンの三大標準治療とされる、手術・放射線・抗ガン剤による治療ではガンを根本的に治癒することは不可能なのか、薬を使わず難病を治癒している大先生”鶴見隆史博士”のご著書『患者とのためのがんが消える補完代替医療 林田 学、鶴見 隆史共著』にわかり易く説明されていましたので、引用しご紹介します。


◇抗ガン剤の目的は延命であって、ガンの完治ではない◇

■抗ガン剤でガンを消し去ることは理論上不可能

再発・転移したガンに、手術や放射線は有効ではありません。ほぼ唯一の選択肢となるのが化学療法、つまり抗ガン剤です。しかし、抗ガン剤でも、決してガンが治る訳ではありません。抗ガン剤は、手術前に幾らかでもガンを縮小させて取りやすくするとか、手術できないガンを小さくするといった目的で投与されます。

また、手術後に残っているかもしれないガン細胞を殲滅するために、と言って、術後化学療法も広く行われていますが、これは詭弁に過ぎません。抗ガン剤を使って、ガンの縮小効果が出る場合もありますが、ガンを消し去ることは理論的には出来ないからです。

■DNAをぶった切る活性酸素が副作用の正体

分裂中の細胞核は、遺伝子情報の乗っている紐状のDNAを、複製するために露出させます。細胞内に入り込んで、そのDNAをぶった切る「細胞毒」、それが抗ガン剤です。

しかし、ガン細胞だけでなく、健康な細胞も分裂中なら餌食になります。その理由はDNAをぶった切るために使う手段が、抗ガン剤から発射される活性酸素だからです。ガン細胞を殺す為に活性酸素を武器にするのです。だから副作用が出るのです。これが殆ど例外なく出現する副作用の正体です。


【出典】http://gifugan.net/byoki/hukusayo/ より

■抗ガン剤はガン細胞と正常細胞の区別がつかない

抗ガン剤が、ガン細胞だけに命中してくれないのは、ガン細胞と正常細胞の区別がつかないからです。もちろん、病理検査医が目で見れば違いはわかるのですが、細胞を形づくっている物質や、代謝の仕方はどちらも同じなのです。薬の作用を分けるような決定的な性質の違いは、長年の研究の結果、存在しないことがはっきりしています。

しかも、ガン細胞の分裂の方が正常細胞よりも早いならまだしも、ガン細胞より活発に分裂している正常細胞は沢山います。毛根や胃腸細胞の細胞は分裂が速いので、先にやられて脱毛、悪心、下痢などが起こります。

逆に、抗ガン剤を幾ら使っても、そのとき分裂していなかったガン細胞は生き延びるので、何回治療を繰り返しても埒があきません。ガンが縮小することはあっても、全部なくなることは、絶対あり得ないということです。

■使い続けると抗ガン剤耐性のガン細胞が必ず出現し手に負えなくなる

抗ガン剤治療を続けていると、ガンがなくなる前に、その薬が効かないガン細胞が現われて、いよいよ猛烈に増え始めます。これを薬剤耐性といって、どんな薬を使っても起こる現象です。抗生物質を使い続けていると、抗生物質で死なない薬剤耐性菌というものが出現しますが、あれと同じです。

抗ガン剤耐性のガン細胞は、抗ガン剤をやり続けていくうちに必ず出現します。その時のガンの力は恐ろしく強くなっており、また繁殖力も強くなっています。これが出てきたら最早手がつけられなくなります。その結果、全身転移と共に死亡するのです。

■抗ガン剤のルーツは毒ガス

抗ガン剤は、三大療法の中では最も新しいのですが、それでも70年前に生まれた治療法です。

第二次世界大戦中の1,943年、その前の第一次世界大戦で使われたイベリットという毒ガスを応用して開発されたのです。有名な「ナイトロジェン・マスタード」です。最初の抗ガン剤は毒ガスだったのです。そして、その基本的な性質は、今使われている抗ガン剤でも何ら変わっていません。

抗ガン剤使用の大原則は、その毒の作用を患者さんが死なない程度に使い、なるべく長く生きてもらうことなのです。

【出典】患者とのためのがんが消える補完代替医療 林田 学、鶴見 隆史共著

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る