子宮頸がんワクチンの危険性、人口削減計画の一環か?

子宮頸がんの原因となるHPVの90%は体内の免疫で自然消滅するにも拘わらず、一時は法定接種とされ、平成26年11月時点で338人にも及ぶ女性が接種を受け、死亡者3名、重篤な副作用を患っている方が186人にも及び、被害を受けた患者さんの方が国と製薬会社を相手取り訴訟を起こす事態にまで追い込まれました。

子宮頸がんワクチンをめぐる動き、その背後に見え隠れする国際銀行家の人口削減計画、ワクチンビジネスにのめり込む製薬会社の意図などをまとめました。

【目次】
■子宮頸がんワクチンをめぐる主な動き
■副作用の実態

1. 子宮頸がんワクチンの危険性
■インドでは6人の死亡者が出て接種プログラムが中止に
■WHOとロックフェラー財団は破傷風ワクチンに不妊化物質hGCを混入
■人口削減は国際銀行家の使命
■国際銀行家から見れば私たちは下等な人間

2. 子宮頸がんの原因となるHPVの90%は体内の免疫で自然消滅
■ニュージーランドの疫学調査
■早期の子宮頸がんが実際に子宮頸がんに進行するという科学的根拠はない
■がんそのものより過酷ながん治療で亡くなる方が多い
■マスコミや権威の先生に踊らされないように
■「ガーダシル」の接種死亡例が85件、「サーバリックス」の接種後の死亡例が4件
■ワクチン全般に注意が不可欠

3. ワクチン商売の裏側
4. 政治家と企業との癒着も

■子宮頸がんワクチンをめぐる主な動き

子宮頸がんワクチンは2,008年(平成21年)12月に日本国内で販売が開始され、2,009年(平成22年)11月からは国が補助事業を開始し多くの自治体で無料接種が受けられるようになりました。

国や多くの自治体が良かれと思って実施された子宮頸がんワクチンの無料接種ですが、結果として多くの方が副反応(不随意運動、光過敏症、頭痛、歩行困難、記憶障害など)を患うこととなりました。自分の将来を悲観して自ら命を絶った10代の女の子もいます。

2,013年(平成26年)11月までの時点で摂取した女性は約338万人にも上り、その中で副反応の報告があった方は2,584人(0.08%)、内死亡3人、副反応から回復されない人が186人です。また、副作用を認められずに苦しんでいる人を入れればその数はさらに多くなると考えられます。

こういう事態を受け、2,012年(平成25年)4月に予防接種法により定期接種となった子宮頸がんワクチンは2,012年(平成25年)6月から「積極的な接種勧奨の差し控え」られることになりました。2,015年(平成28年)7月27日、子宮頸がんワクチンを接種して健康被害が生じたとして、15~22歳の女性63人が、国と製薬2社に計9億4,500万円の損害賠償を求め、東京、名古屋、大阪、福岡の4地方裁判所に一斉提訴しました。


■副作用の実態

① Mさんの中学2年の長女の副作用
Mさんの中学2年の長女は、サーバリクス接種後、1年3か月間も学校に通えない状態となり、現在も激痛と歩行障害など重い副反応が出ているということです。

Mさんは、日本でも副作用が多発し、海外での死亡例などもでているのに、マスコミ、医師会、自治体がすすめ、定期接種にまでなることは疑問とし、

「病気もワクチンの副作用もわかる医師の養成をしてほしい。副反応が出ても因果関係がみとめられず、針によるショックのせいでありワクチンは問題ないとされている。情報公開請求してもほとんど全部が黒塗り。副反応と認められても、医療手当のみで、ほとんど補償されていないのが実態であるので、広く救済体制を整えてほしい。何よりも苦しむ子どもを、もとの状態にもどすための治療法を早く確立させてほしい。国はこのワクチンのすべての情報をわかりやすく開示してほしい。被害拡大に歯止めをかけるため、これ以上被害者を出さないことにつながるなら」と実名を明らかにされました。

② 接種時中学2年生だったAさんの副作用
11年5月2日と6月14日に計2回、サーバリックスを接種。1回目接種1週間後から足首が、その後、膝から下を中心とした足の部位が痛みだし、左足にも痛みが出ました。

2回目の接種の夜、足と同様の痛みが背中や手に現れ、ワクチンとの関係を疑い、市の小児総合医療センターを受診しました。痛み止めを飲んでも痛みはなくならず、接種した医師の紹介で総合病院の医師の診察を受けているが、骨をハンマーで殴られるような痛みが肋骨、骨盤、腕、足、頬骨、耳の中など体中に移動しながら出ます。

痛みが酷いときは登校できず、学校も3割しか登校できない。主治医は痛み症候群に詳しい医師ですが、娘のような症状を見たことがないといいます。

③ 高校生女子Bさんの副作用
23年の10月と12月にサーバリクスを接種。24年1月4日、山にいった後に膝が痛み出し、数週間経っても痛みが和らぐどころか、酷くなりました。微熱が出て、関節が腫れ、水もたまっているため、4か所ほどリュウマチの専門医に見せましたが結果は陰性。膠原病かとも思い検査もしましたが陰性でした。成長痛だなどという医師もいました。

症例を元にインターネットで検索していると子宮頸癌ワクチンの副作用の症状とそっくりだという事に気付き、医師に確認しましたが、そんな確率の低いことは起こらないとか、そんな症例は聞いた事がないとか、真っ向から否定され、事実さえ認めてもらえません。

歩くのも痛く、学校にも親が送っていかないと通えず、体育の授業も欠席扱いになってしまう状況です。私たちはこのワクチンの危険性がよく知らされないまま接種が進められている事に腹が立ちますが、副作用と認められていない今、十分な治療を受ける事すらできず、苦しい思いをしています。

④ 中学2年生の時、ガーダシルを接種したCさんの副作用
11年5月23日にガーダシルを接種。翌日から酷い頭痛と嘔吐でかかりつけの小児科で自家中毒と診断され点滴を一日2本打つ。症状は改善せずもらった頭痛薬が効かない。痛み止めを4時間おきに飲まなければ眠れず、頭痛薬を飲み過ごす日が続きました。

病院に通院している間に歩けなくなり、立てなくもなり、車椅子、寝たきりになる。膝から下がなくなってしまったような感覚となり、眩暈、眼振、視野が狭くなり、激痩せする。7月には「精神的に病んでいるから入院してメンタルのリハビリをしましょう。お母さんでは解らない心の問題があるのでは?歩けない状態の経過の観察は出来ます。」と言われ、なすすべが無い状態でした。自治体は、医師が判断した、きちんとした書類を出してもらえないと何もできないと言い、予防接種センターに聞いたらそのような症例は無いといわれました。厚労省に報告済みですが、厚労省、他からの音信は全くなく、ハリ、灸などしていますが改善しません。

⑤ ガーダシルを接種した中学生Dさんの副作用
同じく中学生Dさんは、ガーダシルを接種後、痙攣が起き、瞼から手、腕、足にうつり7病院を受診しました。皆勤賞で運動好きでしたが、せき、痙攣が続き、精神科まで紹介されていき、8つ目の病院でワクチンとの原因を聞きましたがわからず、娘を治したい、真実を知りたいと思っているということでした。

【出典】http://nishoren.net/shinchiku/flash/4352 日本消費者連盟HPより

1. 子宮頸がんワクチンの危険性

■インドでは6人の死亡者が出て接種プログラムが中止に

子宮頸がんワクチンは、すでに一部の学校や市町村では公費負担による無料接種が開始され、全国で数十万人の女子児童が接種を受けているが、このワクチンは世界中で物議をかもしている。

インドでは、米メルク社のガーダシルという子宮頸がんワクチンを女子児童約24,000人に接種後、6人の死亡者を出している。死亡原因はワクチンの接種と無関係であるとしながらも、接種後の死亡率の判明した後、インド政府は接種プログラムを急遽中止した。

日本で導入されているグラクソ・スムスクライン社のサーバリックスという子宮頸がんワクチンでも、2,009年のイギリスで、14歳の少女が接種直後死亡したことが欧米のマスコミで伝えられた。

■WHOとロックフェラー財団は破傷風ワクチンに不妊化物質hGCを混入

まさか、ワクチンの中に危険な化学物質を入れて、少女に接種するような悪魔的行為が、この世に存在する訳がない、と思うのが一般人の常識であろう。しかし、国連のWHOとロックフェラー財団には前歴がある。


●国際銀行家に支配された彼らがやっていることは、バイオテロ…

メキシコやフィリピン、ニカラグアで、彼らが摂取した破傷風ワクチンの中に、妊娠を維持できなくする物質hGC(破傷風の毒素と性腺刺激ホルモンを合成したもの)が混入していたことが、1,990年代にカトリック信者の民間団体(コミテ・プロ・ビダ・メキシコ)の調査で判明している。

この破傷風ワクチンも子宮頸がんワクチン同様、不思議なことに女子児童にのみ、3回の接種が奨励されていた。破傷風で死亡する確率は男性の方が高いにも関わらずだ。この事件の発覚後の1,995年、フィリピンでは最高裁が、国連、WHO、ユニセフが300万人を越えるフィリピン女性を秘密裏に不妊化させたことを認め、ワクチン接種プログラムを中止させる裁判所命令を出している。

■人口削減は国際銀行家の使命

hGC入りの不妊化ワクチンは、人口爆発の著しいインドの国立免疫学研究所や、ロックフェラー大学の人口評議会などによって、過去20年以上も研究されてきたもので、アメリカの医学情報ライブラリーのデータベースには「不妊化ワクチン」に関する50件以上の論文がある。そのうちの一つにはこうある。「我々は、このワクチンの作用メカニズムと副作用に関する研究を始めた。これは世界的な人口増加の制限に有意義であるに違いない」

人口削減は、国際銀行家の使命である。ロックフェラー財団は、アウシュビッツ収容所において数々の人体実験を行った死の医師ジョセフ・メンゲレ博士の有力なスポンサーだった。彼らの哲学は、人種的優位にある人間や知性の高い人間のみが生存すべきであり、それに満たない人間はあらゆる手段で排除しなければならないというものである。

そのため、このような実験が世界各地で手を替え品を替え、実施されてきた歴史を知っておく必要がある。日本でも、過去に風疹ワクチンが中学生女子のみに奨励されていたことがある。

■国際銀行家から見れば私たちは下等な人間

我々は、単なる一市民に過ぎない。莫大な富を持ち、世界を管理する使命を持つ彼らと同等の人間であると見做されてないことをよくよく肝に銘じておくべきだろう。そのような可能性などないと考える人は、原子爆弾のスポンサーが誰であったかを今一度、思い出して欲しい。


●国際銀行家たちは、原爆の威力の検証と宣伝を兼ねて広島・長崎に原爆を落とし、大量の市民を大虐殺した

【出典】マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている THINKER著 5次元文庫

2. 子宮頸がんの原因となるHPVの90%は体内の免疫で自然消滅

子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウィルス)は、ごくあふれたウィルスであり、その感染の90%は体内の免疫で自然消滅してしまう。

精神科医の遠山高史氏の『医者がすすめる不養生』のなかにこうある。

「癌の中で取り扱いが容易とされる子宮頸癌は早期の癌と診断されると、通常は悉く手術となってしまう。取ってなくなってしまうので、早期の癌に自然消滅があるなど確かめられない。

■ニュージーランドの疫学調査

集団検診によって、子宮頚部の上皮内癌(早期の癌)と診断されながら、治療を受けなかった女性を、20年間追跡した疫学調査がある。このような女性750人のうち、子宮頸癌となった者は、10人(1.3%)しかいなかった。しかも、検診で見つけられた上皮内癌から本当の癌に進展したと認められたのは2例しかなく、他は、当初の上皮内癌とは関係なく起こったものと考えられたという。

無論、ニュージーランドの疫学調査を100%うのみには出来ないにしても、日本の癌学者がこの論文を否定しうる根拠を示し得ないことは確かなのである。したがって、日本の癌医学は定量的に未来の予測をなし得ておらず、科学とはまだ言える段階に達していない」

■早期の子宮頸がんが実際に子宮頸がんに進行するという科学的根拠はない

このようにワクチンが予防するとされる前駆病変(早期の子宮頸がん)が実際に子宮頸がんに進行するという科学的証拠はない。にもかかわらず、全ての女性がワクチンの接種と検査を受けなければならないような論調がまかり通っていることは、一度、疑問に持った方が良いだろう。

また、マスコミでは、子宮頸がんの危険性をことさら強調するために、芸能人で子宮頸がんによって亡くなった人や子宮を摘出した人をテレビのニュースやバラエティ番組でとり上げているが、それらお番組のスポンサーは、外資の保険会社や大手製薬会社である。

子宮頸がんの形成には、HPVウィルス以外にも食生活、環境ホルモンや食品添加物の接種、ストレスなど様々な要因が関係している。

■がんそのものより過剰ながん治療で亡くなる方が多い

また、がんで亡くなる人の多くは、がんそのものよりも、抗がん剤や放射線治療など、身体に過剰な負担をかける治療がもとでなくなっているという専門家の指摘がある。がんそのものが死亡原因ではなく、抗がん剤の副作用で死亡しているというのだ。

■マスコミや権威の先生に踊らされないように

子宮頸がんを恐れるあまり、不用意にワクチンを打つのは、余りにもマスコミ報道や権威に踊らされた安易な行為であると言わざるを得ない。もちろん、不安で仕方がない人にとっては、ワクチンを打つことよって心の安心が買えるという側面もある。接種の選択は究極のところ、個人の自由と責任であるので、慎重にして欲しい。

■「ガーダシル」の接種死亡例が85件、「サーバリックス」の接種後の死亡例が4件

2,010年5月から、全国に先駆けて子宮頸がんワクチンの集団実施をしてきた栃木県の大田原市が、同年12月には集団接種を取りやめることを発表した。また、読売新聞の報道では「子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発」として、子宮頸がんワクチンの接種で失神する例の多いことが厚生労働省の調査で判明したとしている。

2,009年12月以降、推計40万人が接種を受けたとされ、2,010年10月末まで厚生労働省に寄せられた副作用の報告は81人。最も多いのが、失神、意識消失の21件。もっと多いだろう。

2,011年2月には、宮崎県大崎市の内科医、佐藤荘太郎氏が「子宮頸がんワクチンの効果は医学的に示されておらず、副反応が顕著」と接種助成の見直しを市議会に求めることを明らかにした、と毎日新聞は報道した。

さらに、アメリカの民間団体「国民のためのワクチン情報センター」のデーターベースには、米メルク社の「ガーダシル」の接種死亡例が85件、英グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」の接種後の死亡例が4件、報告されている。その他の副反応は、20,000件近い数にのぼる。そのためか、アメリカの女子では、3回の接種を完了する割合が27%と低いと言う。

■ワクチン全般に注意が不可欠

警戒するのは、インフルエンザワクチンや子宮頸がんワクチンだけではない。

ワクチンビジネスは今や、世界中の投資家の注目の的である。市場動向予測のリサーチ会社の資料によると今後、世界のワクチン市場はわずか4年の間に2倍の爆発的な成長を遂げると推測している。つまり、ここ4年以内に世界中で今の倍の量のワクチンが市場に流通する準備が進行しているということである。

作ったものは当然、売らなければならない。今後もさらにありとあらゆる種類の新型ワクチンが、登場してくることは間違いない。

一方、B型・C型肝炎のワクチン薬害訴訟を見てもわかる通り、ワクチンによる薬害は20年、30年後に表面化する。ワクチンの長期的な副作用は、医者は勿論のこと製薬会社にも時間が経ってみないと分からないのである。

自分と家族の健康は、自分で責任を持つしかない。新聞・テレビの情報に依存せず、自分自身で幅広く情報を収集し、判断することをお勧めする。

【出典】マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている THINKER著 5次元文庫

3. ワクチン商売の裏側

■ワクチンは儲かる商売

アメリカにもNCVIA(連邦小児ワクチン障害法)というものがあって、ワクチンによる副作用で障害を負った場合、連邦政府が補償金を出すことになっている。どこの製薬会社も薬の副作用で訴訟を多数起こされ、賠償金の支払いには苦労している。

その点、ワクチンは、特に「法定接種」にしてしまえば、副作用があろうとも製造者としての責任を取る必要がない。売りっぱなしで後のことには知らん顔できる、夢のように魅力的な商品なんだ。しかも健康な人が対象だから、薬と比べて潜在顧客はずっと多い。

だからこそ最近の製薬会社は、薬よりもワクチンの開発に力を入れる。そして効果があるかどうかもわからないものまで、なりふりかまわず売りつけようと必死なんだ。日本で子宮頸がん予防のテレビ広告がバンバン流れているのもそのためだ。ボクたちはそれに、騙されちゃいけないんだよ。

■子宮頸がんワクチン無料化の裏には取引が?

そもそも、この子宮頸がんワクチンが、平成22年(2010年)11月から平成25年(2013)3月まで臨時で公費助成されることになった背景にもどうやら裏がありそうだ。

その前年の平成21年(2009)、強毒性の新型インフルエンザが流行するのでは、との予測から、日本政府は10月1日、7千7百万人(×2回)分のワクチンを確保するという方針を立てた。そして、国内外の製薬会社にワクチンを大量に注文した。外資ではノバルティスとグラクソ・スミス・クラインの2社がこれを受注した。

しかし、インフルエンザは結局は弱毒性で、感染も思ったほど拡大せず、ワクチンは必要なくなってしまった。一旦注文しておいて、もう要らない、と日本政府が言い出したものだから、ノバルティス社は違約金を請求し、政府は92億円も支払った。

ところが奇妙なことに、グラクソ・スミス・クライン社は、違約金は要らない、と言ったんだ。違約金は要らないから、その代わりに……と、日本政府に取引をもちかけた可能性がある。その取引の結果が……そう、2010年からの「ヒトパピローマウイルスワクチン」の臨時無料化。無料なら接種する、という人は多いから、接種する人はぐんと増える。

この自民党の山谷えり子議員による推理は、非常に説得力がある、とボクは思うけど、キミはどうかな。(出典:第180回国会参議院内閣委員会平成24年04月17日 山谷えり子議員質疑)

【出典】http://vaccine.luna-organic.org/?page_id=524 サルでもわかる子宮頸がんワクチン より

4. 政治家と企業との癒着も

● 国会議員でありながら、日本民族を滅ぼす公××の松××ら(本名:西×玲×)

【出典】http://vaccine.luna-organic.org/?page_id=524 サルでもわかる子宮頸がんワクチン より

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る