「僻地」台湾の繁栄は日本統治に始まる

台湾は数少ない親日国家の一つです。私は中国は好きではありませんが、台湾は好きです。日清戦争の勝って日本は台湾を統治するようになりましたが、清国から見れば、当時の台湾は伝染性の熱病の僻地で手放すことに痛みは余り感じなかったようです。

ヨーロッパの植民地帝国で、その植民地を自国と同じ生活水準、文化水準に高めようと努力した例は皆無ですが、日本は台湾に対して積極的な公共投資を行い、近大的教育を普及させ、産業を興し、インフラを整備していったのです。

韓国併合も日本が強引に武力で行ったイメージを私は持っていましたが、日露戦争直後の日本にそんな余力はなく、韓国が近代化して富強になるまでは、日本が外交権を預かればよいという考え方でした。台湾が親日国家であるということも渡部昇一先生のご著書より詳しく知ることが出来ました。

以下、渡部昇一先生の『世界史に躍り出た日本 日本の歴史5 明治編』 よりご紹介します。

taiwan01

日露戦争の勝利によって、ようやく日本はロシアの朝鮮半島南下を退けることが出来た。明治維新以来、日本にとって最大の懸案であった朝鮮半島の自立と近代化が、これで進展することになったのである。

ところが、それが一転して日韓併合という事態になったのは、日本人にとってもコリア人にとっても予想外の展開だった。当初、日本政府は大韓帝国を併合する気などなかった。というのも、そもそも日本には、ヨーロッパ列強のような植民地経営をする状況ではないという認識があったからである。

■韓国併合による日本の負担

朝鮮半島を併合或いは植民地統治するということは、日本にとって大変荷の重いことであった。たとえば防衛に関しても、もし日本が朝鮮半島を防衛するとなれば、負担は大変なものになる。

日露戦争で退いたとはいえ、ロシアはまだ北満州に兵を置いており、軍事的圧力がなくなった訳ではない。陸軍は朝鮮駐留のため二個師団の増設を要求したが、ロシアとの戦争を終えたばかりの日本には、新たに二個師団を増設するような経済的ゆとりはなかった。

軍事面だけ考えても、韓国併合は重い負担である。これに加えて、工業を興し、インフラを整備するということになれば大変なことになる。そこで、日露戦争以後の日本の方針としては、韓国が近代化して富強になるまでは、日本が外交権を預かればよいとした。すなわち、韓国を保護国とするということでした。

korea01

■当時の台湾は伝染性の熱病の僻地

日清戦争において、日本は台湾を清国から割譲されて統治していた訳だが、台湾とコリアとでは全く事情が違う。何故なら、当時の台湾はいわゆる瘴癘(伝染性の熱病)の僻地であって、統一民族としての歴史もなく、住民も少ない。

そもそも清国が台湾を日本に譲渡する気になったのも、台湾という島に対して所有権を感じる処がなかったからである。台湾を日本に割譲した清国の李鴻章も、「日本はとんでもないガラクタを背負い込んだことに気付くだろう」と言っている。

『ロンドン・タイムズ』も、「台湾は方々からの犯罪者の逃げ場所であり、風土病も酷く、オランダやフランスなども植民地にしようとすれば出来たのにしなかった島である」という趣旨の記事を書いている。

taiwan03

■台湾繁栄の基礎は日本の統治

台湾はこうした事情があったので、統治するに当たっては、国際的問題の発生しない場所であった。実際、日本は台湾に対して、理想的と言えるほどの統治をしたと言っていいだろう。現在の台湾の繁栄があるのも、元をただせば日本がこの島を統治したからである。

台湾に対して、戦前の日本が積極的な公共投資を行い、近大的教育を普及させ、産業を興し、インフラを整備していなかったら、戦後の台湾の繁栄はもっと遅れていたであろうと言うことは、台湾人の学者も認める事実である。

『ロンドン・タイムズ』も、「日本は台湾のために惜しみなく金を注ぎ込み、住み良い島にしたので、日本の統治以来、10年間に60万人の人口増加があった」と指摘している。台湾に行った日本人たちも、この地を本当に日本と同じ水準に高めようという使命感を持っていた。

taiwan02

■台湾人の中から貴族院議員も出た

これに対し、ヨーロッパの植民地帝国で、その植民地を自国と同じ生活水準、文化水準に高めようと努力した例は皆無である。

戦前、既に台湾人の中から貴族院議員も出ていた。インド人やビルマ人から、イギリスの上院議員が出たという話は聞いたことがない。アメリカが、原住民のインディアンの酋長を州知事や上院議員にする配慮を示したことはない。そして、日本は金のかかる帝国大学を、名古屋よりも前に台北に建てた。

十数年ほど前、PHP研究所が『Attitude to the Law』という題名の英文雑誌を発行していたが、日本統治時代のことを調べた記事が載ったことがある。どうもこのジャーナリストは当初、日本人が台湾人に対してどのような悪辣な殖民地統治を行ったかを暴くつもりであったようである。

ところが、実際に台湾で当時のことを知る人たちにインタビューしてみると、みんな「日本人がいた頃は良かった」と口を揃えて答えるのだ。「いまでは夜になれば鍵を締めて寝るけれども、戦前はドアを開けて寝ていても大丈夫だった」というような話しか出ない。それで結局、この米人記者は当初の目論見とは反対の「日本時代はよかった」という記事を作ったということであったが、その当時においても台湾では日本の統治を恨むような声はなかったのだ。

【出典】世界史に躍り出た日本 日本の歴史5 明治編 渡部昇一

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2019-2-21

    リンカーンやケネディが暗殺された理由

    リンカーンやケネディが暗殺された背景には、中央銀行を巡る戦いがあると考えられます。リンカーンもケネデ…
  2. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  3. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  4. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  5. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る