もんじゅ、廃炉決定|世界は高速増殖炉開発に見切りをつけた

政府の原子力関係閣僚会議は12月21日、福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定しました。夢の原子炉と言われて世界各国が開発に取り組んだ高速増殖炉ですが、技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想像を超える深刻さから、世界各国は高速増殖炉開発に見切りをつけています。

ドイツのカルカーの場合は、燃料装荷前に踏みとどまったために放射能汚染もなく、仮に将来解体するとしても最低限の費用で済みますが、「もんじゅ」は愚かにも傲慢にも先人の失敗に学ばず、運転開始後に事故を起こしたため、膨大な放射能を抱え込んでしまいました。

もんじゅの廃炉には、30年で最低3750億円の費用がかかるとの試算が出され、2017年から5年半で使用済み燃料を取り出し、作業開始から30年後の47年に終える工程だそうですが、軽水炉の廃炉もままならぬのに、ナトリウムを冷却材として用いる高速増殖炉の廃炉の見通しは、非常に楽観的過ぎませんか?

すべて、我々の子々孫々への莫大な負の遺産として遺ってくるのです。私は、言いたい、
「今のお偉い先生方は20~30年もすればあの世に還る、自分の世代で解決できぬような負の遺産を遺すな!」
と。

monju02

◇世界は高速増殖炉に見切りをつけた◇

世界の高速増殖炉開発の現状より引用

(1) アメリカ

・世界に先駆けて増殖炉開発を進めてきたアメリカは、また世界に先駆けて開発を中止しました。
・1946年、世界で初めて臨界を達成した「クレメンタイン」をはじめ、7基の実験炉をつくりました。(内発電は3基)
・しかし、莫大な研究開発費を投じても、商業炉として採算が採れる見込みがなく、なによりも核拡散を促進することへの危機感から、1994年、クリントン政権は高速増殖炉を含む核燃料サイクルの研究・開発の中止を決定し、すべての実験炉を閉鎖しました。

(2) イギリス

・イギリスは、実験炉、原型炉を各1基開発しました。
・1959年に臨界に達した実験炉DFRは、その後燃料破損事故やナトリウム漏れ火災事故を起こし、本来の増殖炉としてではなく、照射試験に利用された後廃止されました。
・ついで、1974年に臨界に達した原型炉PFRもナトリウム漏れ火災事故を繰り返した挙句、1987が引き金となって、わずか20秒ほどの間に40本の細管を破裂させ、70本を変形・損傷させたこの大事故は、高速増殖炉の危険性を改めて思い知らせるものでしたが、その重大さに驚いた各国の推進派グループは、この事故を極秘とし、長い間隠しつづけていました。
・ちなみに、同じような構造の「もんじゅ」では、1本の破断の影響は近接の4本にしか影響しないとの想定になっています。
・こうした事態を受けてイギリス政府は1988年に、「すくなくとも30年から40年は高速増殖炉は必要ないため5年後に運転を中止する」ことを決定し、1994年にPFRを閉鎖しました。
・イギリスの原子力産業界は、あきらめきれずにEC=欧州共同体の共同研究に参加していますが、他のヨーロッパ諸国も脱原発の方向に進んでおり、その目論見の破綻は目に見えています。

(3) フランス

・世界で一番熱心に原子力開発を進めてきたフランスは、実験炉ラプソディー、原型炉フェニックスに続いて、世界で唯一、開発の第3段階である実証炉スーパーフェニックスを建設しました。
・しかし、その運転実績はいずれも事故の連続で惨憺たるものです。
・スーパーフェニックスは、85年の運転開始後、ナトリウム漏れ火災、ナトリウムへの空気混入等の事故を繰り返したため、92年に政府は運転再開の条件としてナトリウム火災対策の強化、安全性についての公聴会などの実施、担当大臣の報告を命じました。
・担当大臣は、現在のところ高速増殖炉の必要性はなく、プルトニウムなどの焼却や技術研究のための実験炉とするとの報告書を提出しました。
・1996年には、スーパーフェニックスの研究用施設としての能力を評価するための諮問委員会が、「高速炉の工業的発展は2050年より先に持ち越される」との結論をだし、事実上の高速増殖炉開発中止を宣言しました。
・1997年、緑の党を含む連立政権が発足し、6月にはジョスパン首相がスーパーフェニックスの廃止を宣言、98年に閉鎖されました。
・フェニックスは研究用の炉としてかろうじて命脈を保っています。

(4) ドイツ

・もっとも劇的な方向転換を、しかも市民の強力な反対運動によって成し遂げたのはドイツです。
・ドイツでは、実験炉KNK-Ⅱが85年に臨界に達しましたが、これもまた事故を繰り返しながら結局照射試験炉として使われ、91年に閉鎖されました。
・ついで、カルカーに原型炉SNR-300を建設し、85年に完成しましたが、市民の激しい反対運動や研究者のさまざまな危険性の指摘などを受けて州政府が燃料装荷を許可せず、ついに1991年、連邦政府も開発中止を決定しました。
・最終的にこの炉の息の根を止めたのは、万一炉芯の損傷で核爆発反応が起こった場合のエネルギーを過小評価しており、実際は炉が絶えられないという専門家の指摘でした。
・膨大な費用をかけて建設されながら、ついに運転されることなく廃止されたSNRー300は、その後民間会社に引き取られ、核開発の負の遺産の標本として多くの見学者を集めているとのことです。

カルカーの場合は、燃料装荷前に踏みとどまったために放射能汚染もなく、仮に将来解体するとしても最低限の費用で済みますが、「もんじゅ」は愚かにも傲慢にも先人の失敗に学ばず、運転開始後に事故を起こしたため、膨大な放射能を抱え込んでしまいました。

世界の高速増殖炉開発の現状より引用

■高速増殖炉の事故史

高速増殖炉の歴史は惨憺たる事故の歴史です。しかも、50年に及ぶ開発の歴史にも関わらず、本質的に同じ種類の事故を各国で、また同じ炉で繰り返していることがわかります。この技術的ネックの巨大さは結局経済性にも波及し、高速増殖炉が実用にならないことをはっきりと証明しています。

fbr_acci03

世界の高速増殖炉開発の現状より引用

fbr_acci04

スポンサード・リンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る