あきらめていた子を十四年目に出産

親子の縁は、生まれてくる前にお互い約束して生まれてくると言われています。赤ちゃんがお腹の中にいる間にとる食事は、赤ちゃんの心身の健康、赤ちゃんの生まれてからの人生に物凄く大きな影響を与えます。

赤ちゃんがお腹の中にいる間にとる食事が、赤ちゃんの人生を左右すると言っても過言ではないでしょう。妊娠中のお酒、喫煙は御法度です。妊娠中に栄養をとらなければと、お肉を食べ過ぎるのも赤ちゃんには良くありません。甘いもののとり過ぎもダメですよ。

玄米菜食中心の食事にすると、心の優しい健康な子に恵まれます。以下、自然療法の大家 東城百合子先生の著書「自然療法が体を変える」よりご紹介します。

■あきらめていた子を十四年目に出産

結婚して十年経っても子供ができなくて、赤ちゃんを見ると羨ましいのを通り越して、ひがんで人を傷つけ、心貧しいみじめな自分にも気づかずに生きてきました。玄米食が良いと聞いて玄米を食べ始めましたが、その先生は玄米食にかえて半年から一年くらいで普通は子供が出来るから、それで出来なかったら、大抵ダメだと言われました。

私は一年経っても妊娠しないので、不妊症かと悩んでいた時に、東城先生の本に巡り合いました。自然の力は無限だという、この何かしら湧き出るようなものに心惹かれ、これまでの生活を変えたいと思い、見えない糸に引きつけられるように自然療法を学びました。

baby01

玄米を食べるのではなく、いのちを頂くこと。悲しんだり、人を恨んだりする忙しさは自分の姿だったこと。血の尊さなんて考えもしなかったから、親にも先祖にも感謝もなかったこと。一人っ子でわがまま一杯の生き方をしてきたこと。

心の根育てはこんなところからだと気づかされ、一つ一つ自分の至らない姿を見せられました。掃除にしても、料理の心遣いにしても間違いだらけ、心のない自分でした。そう気づくと世界が違ってきました。良い仲間にも恵まれるようになりました。

koshi-yu07

今まで知らなかった腰湯、足湯、ビワ葉温灸、コンニャク湿布などの手当ても教えて頂きました。こにも自然の親切があると言われ、これは自分で実践して体で知ることだと教えられました。私は今まで、子供が欲しい、そのためには玄米食だと、自分の思いと玄米食にとらわれて、自分を縛り付けていたと気がついたら、とても楽になりました。

もう子供が出来なくてもいい、できなかったら人のために、障害児のために何かしようと思ったら、縁があって、障害児の学校を手伝いに行くことになったのです。本当にこの子供たちをかわいいと思いました。腰湯やコンニャク湿布などもありがたくできました。

biwa-konnyaku01

玄米食も、子供が欲しいために駆け引きで食べていた時は、三年経ってもダメでした。でも心が変わったら、特別に何かしたわけでもないのに、結婚十四年目に妊娠しました。

ところが妊娠しても貧血がひどいために検査をしたら、四ヶ月目に子宮筋腫があるとわかりました。この筋腫にエネルギーをとられて貧血になっていたのです。手術はできません。筋腫が大きくなったら胎児は育ちません。輸血もダメなのです。それで一ヵ月半入院になりました。

shikyu_gan01

玄米を食べ、コンニャク湿布を肝臓と腎臓に続け、砂袋に寝たり、ビワ茶、スギナ茶を欠かさずに飲みました。もし、障害を持って生まれてきても、この子とともに生きようと思い、自然におまかせしたのです。

早々と病院を出て、腰湯を朝晩せっせとしました。ビワ葉の温灸、コンニャク湿布にも助けられました。お腹が小さくて未熟児ではないかとも言われましたが、三千グラムもあって、病院もびっくりしていました。母乳はよく出るし、元気に育っています。

私が何をしたわけでもないのに、心が軽くなった時、これで良しと神様が子供を恵んで下さったと、ただただありがたく、多くの方の尊いご縁をもったいなく思っています。

toujou_yuriko011

【東城先生コメント】

子供を生まないので少子化になった、次に時代はこれは心配だと言われます。そんな中で子供を生みたくても生めない体の人も多くなっている世の中です。

食生活の重要さが自覚できなくて、手抜きしてファーストフードが食卓に並ぶということが多くなりました。外食産業の増加と共に子供を生めない女性も増加しているのです。

しかし、食生活を正し、外から手当てをするという、自然に生きる実践をして、子宝に恵まれた人はたくさんおられます。この平良さんも二人のお子さんのお母さんになりました。

【出典】自然療法が「体」を変える 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る