果てしない成長の追及

誰も自分の苦悩や苦難、失敗を自分のせいにしたくない…私もそうです。「常に自分が良い子でありたい」と無意識のうちにいつも自己を正当化しようとします。でも、自分が出したものは良かれ悪しかれ、最終的に自分に還ってきます。

人生の難易度というか、やりがいの程度というか、それはその人の魂の進化の度合いによって色々なレベルがあるようです。私も人の人生を比べたりすることがありますが、そんなのは無意味なのです。人それぞれの、自分に一番あった課題を抱えた人生なのですから…。

私たちは生まれてくる前に人生の青写真を自分で描き、最適の両親、最適の人生のパートナーを選んで地上界での出逢いを約束し生まれて来るのです。自分の両親に対して、間違っても「頼んで生んで貰った覚えはない」などという暴言を吐いてはいけません。以下、「生きがいの創造」飯田 史彦著よりご紹介します。

rose01

■果てしない成長の追及

退行催眠の研究で、一番興味深い成果は、肉体にやどっていない状態(中間生)の間に、私たちが自分自身で、次の人生を計画するという仕組みがわかったことです。

sidourei01

被験者たちは、指導役の意識体(光の存在)の前で終えてきた人生を振り返って反省した後、彼ら(彼らといっても、性別は感じられないそうです)の助言を参考にしながら、自分で次の生まれ変わりの人生計画を立てたことを思い出します。この時、何度もの人生を通じて太い絆を築き上げてきた、他の意識体達(後に説明するソウルメイト)と相談しながら、次の人生を計画することが多いこともわかっています。

この相談のとき、物質界での再会のチャンスを逃さない様に、お互いの誕生の時と場所をきちんと打ち合わせておかなければなりません。被験者たちの証言によると、このような「グループ転生」は、頻繁に繰り返されており、お互いに仲が良い場合も悪い場合も、過去生に登場した人物と、再びかかわり合うことになるのだそうです。

gruop_tensei01

ホイットン博士の被験者の一人は、こう語ります。「前世で、十分な扱いをしてあげなかった人達がいるので、この世に戻って、借りを返さなければなりません。今度、彼らの方が私を傷付ける番になっても、許してあげるつもりです」

一方で、自分が解決しなければならない課題にふさわしい状況に身を置くために、わざわざ逆境を選択して生れるように助言された被験者が、何人もいます。ある女性は、こう証言しています。「指導役の意識体達が、私に、次の人生では父親のいない家庭で 育てられる体験を味わうべきだ、と助言してくれたのです。それに、この両親を選んだことによって、 結婚相手となるべき男性に出会うために、理想的な立地条件におかれることも知ってました」

soul_mate01

この証言は、衝撃的です。なぜなら、生れる前に結婚相手となるべき意識体(ソウルメイト)と相談し、ある条件が満たされた時に再び出会うという、俗にいう「運命の赤い糸」の実在を示しているからです。何と夢のある、素晴しい証言でしょうか。このような証言を他の人々も口にしていることから、「赤い糸」が存在することは、確かな事実のようです。これについては、後で詳しくご説明します。

ただし、生れる前に立てた計画は、必ずしも、理想的なシナリオ通りに実行されるとは限りません。中間生で立てる計画は、いわば下絵のようなものであり、実際にこの物質界に生れて来ると、様々な制約や、自分で仕掛けておいた数々の試練が襲ってくるため、理想的な下絵の通りに絵を描くことは難しいのです。その結果、悪い方へ悪い方へと選択肢を選んで、自分で仕掛けておいた試練に負けてしまい、最も望ましくないシナリオを選んでしまうこともあるわけです。

飯田史彦 研究室へ ようこそ!(福島大学経済経営学類 教授)

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

ピックアップ記事

  1. 2019-2-21

    リンカーンやケネディが暗殺された理由

    リンカーンやケネディが暗殺された背景には、中央銀行を巡る戦いがあると考えられます。リンカーンもケネデ…
  2. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  3. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  4. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  5. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る