アーカイブ:2016年 6月

  • ガンは生活習慣による全身病

    ガンが生活習慣病である以上、何処かにガン細胞が出来たということは、その間に、腫瘍までに成長していないガン細胞がすでに全身に生まれていると考えられる。目に見えないからといって、ガンがないと考えるのは危険。全身にガン予備軍の細胞が発生していると考えるべき。
  • 死後の世界は想いが通じ合う世界(2)

    死後には完全にトランスパーソナルな状態に戻るため、自分以外の存在の気持ちが、手に取るように判るのです。物質界では理解できなかった人の気持ちや、複雑な人間関係の仕組みも、人生を終えて本来の姿に戻ったあとには、全て理解できるようになります。
  • 死後の世界は想いが通じ合う世界(1)

    本来、「トランスパーソナルな存在」(自己を超えてつながりあっている存在)である私たちは、この物質界を訪れて一つの肉体に入った後でも、肉体的な制限を受けながらも、やはりトランスパーソナルな存在として、心の奥ではつながり合っている。
  • 便秘が原因でガンができることもある

    食物繊維や水分の摂取が少なく便秘を起こしている人は、便の中の不消化物が腐敗・発酵し、毒素を発生させ、この毒素が腸壁の細胞内の遺伝子に変化を起こさせポリープを作り、次第にガン化していく。停滞便が生み出した毒素が全身の細胞にも悪影響を与えている。
  • 東京裁判(極東軍事裁判)は戦勝国による復讐裁判、茶番劇、リンチ

    東京裁判で戦勝国が狙ったのは「日本への復讐」「日本人の洗脳」「白人のアジア侵略の歴史の隠蔽」「日本民族の弱体化」の四点である。そもそも戦争を裁く法律はない。国際法でも、いかなる文明国の法律でも、戦争を始めること、戦争を遂行することは犯罪とはされていないのです。にも拘わらず、「東京裁判」ではそれが裁かれた。
  • 不完全な消化物(残渣)が腐ってガスを発生

    人間の健康にはきれいな腸、腸の浄化と活性化が大切。痔、大腸ポリープ、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガン、心臓血管障害、肝臓・胆嚢疾患、潰瘍性大腸炎、クーロン病、前立腺肥大、関節炎、リウマチ、アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患、子宮筋腫、乳腺症、膠原病、高血圧などの病気の人たちは、大腸の機能の衰え、機能不全などと強い関係がある。
  • 健康な人の胃相・腸相はとても美しい

    腸相の悪化は、大腸ガン、大腸ポリープ、憩室炎など様々な大腸の病気を起こすだけに止まらない。腸相の悪い人の多くが、子宮筋腫、高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満、乳ガン、前立腺ガン、糖尿病など「生活習慣病」を発病している。体が内部から蝕まれているということである。
  • 東京裁判の連合国側の真の狙い

    パール判事は、被告たち全員に無罪の判決を言い渡し、そして、その無罪の理由と証拠を詳しく述べた。しかし、他の判事たちは有罪の理由も証拠も、なんら明らかにしていないのである。彼らは、日本が侵略戦争をやったことにして自分たちのアジア侵略を隠すと同時に、日本の過去17年間の一切を罪悪であると烙印することが目的であったに違いない。
  • 「死後世界」の光景

    終えたばかりの人生で属していた文化や、信じていた宗教等によって、「その人が死を自覚して安らぐために最適なビジョン」が異なるため、その時に見る(指導役の意識体から見せてもらえる)「死後世界の光景」も様々。仏教徒には仏教なキリスト教徒にはキリスト教的なイメージを見る。
  • 死ぬということは、体から離なれて生きること

    死の瞬間には、自分が肉体から離れて上空に浮かんでいることに気づくと同時に、「自意識として覚醒している」という感覚があることに驚きます。やがて、「な~んだ、死ぬということは、体から離なれて生きるということに過ぎないんだな」と気づいていくのです。
スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』
ページ上部へ戻る