カテゴリー:借金奴隷制度

  • 通貨発給権を巡る熾烈な争い|南北戦争も金融支配を巡る争いだった

    南北戦争は、純粋なアメリカの内戦ではなく、南北戦争を仕掛けようとする外部勢力によって引き起こされたものです。外部勢力とはイギリス。イギリスはアメリカの保護貿易に強い不満を持ち、リンカーンが政府紙幣を発給し戦費を調達したので、どうしてもリンカーンを排除しなければならなくなった。
  • 通貨発給権を巡る熾烈な争い|英米戦争は金融支配を巡る争いだった

    通貨を握ればすべてを握れる。法律をつくらなくても、ドルの発給権を握れば、アメリカの実質的な支配権を得られる。通貨発給権を巡る英米の戦いが、アメリカ建国以来の英米関係史であり、アメリカの金融史である。英米戦争の背景は通貨発給権を巡る熾烈な争いがあったと推測される。
  • 中央銀行という名の民間銀行は本来不要!|私たちはもっと豊かな生活が出来る

    民間銀行である中央銀行が通貨発給権を持つと借金が雪だるま式に増え、そのツケが増税となって、私たちの生活に重くのしかかってきます。“民間中央銀行に通貨発行権を奪われる腐敗したシステム”について知っている人は、これを「借金奴隷制度」と呼びます。中央銀行という名の民間銀行は本来不要で、政府が通貨発給権を持てばよいのです。
  • 銀行という奴隷制度

    私たちは、日銀やFRBという中央銀行(実は民間銀行)が通貨発行権を持つ仕組みによって、巧妙に搾取され続けているのです。通貨発行権を政府の手に取り戻そうとしたケネディ大統領やリンカーン大統領は暗殺されました。国会議員の石井紘基氏もこの奴隷制度を国会で明らかにしようとしたら、その3日前に殺されてしまいました。アメリカでも、日本でも、この奴隷制度に気がつき、真実を広めたり、この制度を壊そうとする政治家は、次々に殺されてきたのです。
スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-14

    大東亜戦争はアメリカから仕掛けられた自衛戦争

    排日移民法で一方的に移住した日本人を追い出し、ABCD包囲網を作って日本を経済封鎖し、「ハル・ノート…
  2. 2018-8-6

    アジアの国々の指導者が語る大東亜戦争の真実

    日本軍は、欧米に植民地化され搾取され続けた東南アジアの独立に非常に貢献している。日本軍がアジア各地に…
  3. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  4. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  5. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
『カイテキオリゴ』

【PriorityPass】




世界No.1空港ラウンジサービスです。搭乗クラスに関係なく、世界各国1000+αの空港ラウンジへ

ページ上部へ戻る