カテゴリー:ソウルメイトたちとの関係

  • 子供を持たない人生も学びのひとつ

    夫婦という人間関係を通じて必要なことは、「そこから何を学び、その後の人生を愛をもって創造的に生きるために、 その学びをどう生かしたか」ということに尽きる。だから、「お互いに成長し合え、創造的な人生を歩むことのできる相手なのか」ということが、夫婦関係を築くべきかどうか、あるいは夫婦関係を継続させるべきかどうかの、重要な判断基準となる
  • 結婚することの意味、しないことの意味

    人生の学びには、限りない多様性があるため、どの人生でも必ず結婚しなければならないという訳ではない。時には、結婚しない人生を計画することもあり、その場合には、結婚しない方が望ましい理由が存在する。また、一定の学びを積んだ時に、「赤い糸で結ばれた相手」に出会えるようになっている。
  • 愛し合うことを学ぶ

    結婚相手というのは、「その相手とならば最も深く愛し合えるから」という理由で選ぶというよりも、「その相手との関係を通じて、どうしても学ばなければならないことがあるから」という理由で選ぶ。「人生のその時期に夫婦になる必要がある相手」だからこそ夫婦関係になるのであり、その「必要性」の中身は多種多様。
  • 「赤い糸」の存在

    人は個々人の人生で偶然に結婚相手(伴侶)を決めているのではない。まさしく時代を越え国境を越えて時には男性、時には女性として様々な人生を共に過ごす特定のパートナーがいる。それは、時には家族(親、兄弟)として、時には友人として、時には師として、その人生で学ぶべき課題に応じて役目を替えながら人生を送っていく。
スポンサード・リンク

カテゴリー

スポンサード・リンク

生命の永遠性が全ての基

  1. 2017-5-31

    日本と日本人の使命

    日本はあくまで霊の本であり、大和(だいわ)の国、やまとの国と言って、大調和の中心となるべき国。日本人…
  2. 2017-5-17

    境界の溶け合う祈り「世界人類が平和でありますように」

    どうして国や民族は分かれているのだろう……この問いに、五井先生は「お互いがお互いを助け合って、地球界…
  3. 2016-10-26

    姑さんと仲良く暮らせる方法を教えて下さい

    大体において、嫁となっている女性は、過去世において、その姑となっている人に深い恩を受けていることが多…

隠蔽される原発の実態

  1. 福島第一原発事故で福島県から避難した小中高生に対するいじめが問題となっていたが、文部科学省がようやく…
  2. 高速増殖炉もんじゅの廃炉と抱合せで政府は新たな高速炉の開発を目論んでいます。ところが、冷却材として用…
  3. 汚染水の貯蔵量は80万トンを超え、タンク増設のスペースも残り少なくなり、トリチウム汚染水の海洋放流が…
  4. 高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定。技術的な難易度が非常に高いこと、事故が起きた時の被害の想…
  5. H28.11.30、敦賀原発2号機で作業中、一次冷却水が飛散し、作業員10人が一次冷却水浴びました。…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-22

    魚が結構汚染されているというのはご存知ですか?

    魚はオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)の宝庫だが、高タンパク・高コレステロール食品であり、食物繊維は魚…
  2. 2016-11-21

    肝臓と腎臓の疲れが病の元

    浄化槽である肝臓が処理し切れないと、その歪みを腎臓が負うことになり、それすら満足に働かないと、血液の…
  3. 2016-11-19

    血液の浄化になくてはならない腎臓

    腎臓の働きは、1. 体の水分量や電解質の体液組成を一定となるように調節する。2. レニンというホルモ…
  4. 2016-11-13

    免疫力は肝臓で高まる

    食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、身となる役目をしているのは肝臓…
  5. 2016-11-11

    骨の弱さが性格に影響する、丈夫な骨は穀菜食型

    肉より野菜、海草、大豆、ゴマ、クルミ、穀類などを食べた方が、カルシウムその他のミネラルが多いので、歯…
『カイテキオリゴ』
ページ上部へ戻る